私も15年以上前にタバコを吸っていた時期がありました。

特に歯の裏側にヤニがベットリ!

 

今考えると最悪な歯です。

見た目も汚いし、口臭の原因にもなるし。

 

タバコのヤニは一体何なの?

 

ヤニの成分って何か知っていますか?

あれ、タールってやつです。

 

黒いドロドロ、ネバネバしたものです。

ご存知の通り、発がん性がある物質ですよね。

 

そのタール(ヤニ)が歯についているわけです。

このタバコのヤニを自宅で落とすにはちょっとした工夫が必要!

 

重曹うがい+専用歯磨き粉でヤニを落とすのがベスト。

 

a0027_000321

 

まず普通に市販の歯磨き粉を使っていても、ヤニを落とすことは凄く難しい。

実際私もタバコのヤニを落とすのは、自宅では諦めていました。

 

当時は全部歯医者で汚れを落としていたくらいですから。

それだけ、タバコのヤニを落とすのは難しいです。

 

ですが、方法がないわけでは無いです。

今私がやっている方法(茶渋予防)で、ヤニ落としにも効果があるのでぜひ試してみてください。

 

まず方法は重曹で口をすすいで、専用歯磨き粉で歯磨き粉をする方法です。

 

まず食用の重曹を準備してください。

ドラッグストアなどに行くと安く手に入ります。

 

次に水道水でOKなので、500mlのペットボトルに水を入れてください。

そしてそのボトルの中に、小さじ1杯の食用重曹を入れます。

 

その後、重曹と水がよく混ざるようにボトルを振って完成です。

これが、歯の汚れを落とす、重曹うがい水。

 

次に準備するモノはヤニ落とし用の歯磨き粉。

これもドラッグストアに行けば1000円程度で手に入るはずです。

 

ちなみにタバコのヤニ落とし用の成分はポリエチレングリコールと呼ばれています。

まぁ、成分までは知らなくても良いので、タバコのヤニ落とし用の歯磨き粉を準備しましょう。

 

ココからです!

まず歯磨きの前に、重曹うがい水で口をすすぎましょう。(15秒くらいでOK)

 

重曹が歯についた汚れを浮かせてくれる作用があるので、まずは汚れが落ちやすいようにしておきます。

 

その後で歯磨きをしていきます。

たったこれだけ。

 

これだけで、普通の歯磨きよりタバコのヤニが落ちやすくなっています。

 

ですが!

これで100%汚れが落ちるとは言い切れません。

 

それだけタバコのヤニはしつこい汚れなんです。

なので、できれば今紹介した方法は、ヤニがつかない為の予防方法として知っておいて欲しいのです。

 

スポンサードリンク




 

100%ヤニを落としたいなら絶対歯医者に行くべき。

 

b8283363cf5393d092cd800f4182bf27-1

 

歯医者なら100%タバコのヤニを落としてくれます。

なので、ぜひ時間を取って歯医者に行くべきです。

 

ただタバコのヤニを落とす為の料金が気になりません?

あと、健康保険が使えるの?

 

この2つだと思います。

まず保険はタバコのヤニなどのクリーニングでも適用されてちゃいます。

 

ココは不思議なのですが、歯のクリーニングが歯周病治療の一環になっているみたいです。

なので、ほぼ歯のクリーニングだけでも保険適用されてしまいます。

 

次に気になるのが料金ですよね。

これは個々の歯医者で違いがありますが、おおよそで5000円程度だと思っていたらOKです。

 

これが高いか安いかは個人の価値観によりますが、私はこの金額安いと思いますよ。

だって100%ヤニが落ちるので。