最近では歯磨き粉で研磨剤なし!

研磨剤なし最高!と考えている人が多いです。

 

私もその一人なのですが、ちょっとココで知っておいた方がよい事があります。

 

研磨剤にだって大切な役割があります。

 

kenmazai1

 

それは研磨剤は歯の汚れを落とす役割があるってことを。

逆を言うと、研磨剤なしって事は歯の汚れを落とす成分が入っていないってことです。

 

ですから、そのままその歯磨き粉で歯を磨いたところで、歯が白くなるわけでなく、歯の黄ばみが落ちるわけでもなく、ただただ歯磨きだけをする事になります。

 

(虫歯予防には効果はあると思いますけど)

 

その後、その歯磨き粉を使い続けるとどんな事が起こるか分かるでしょうか!?

 

歯が着色汚れで黄ばんだり、茶渋がついたります。

あれ!?歯を白くしたい、歯のエナメル質を傷つけたくない!

 

そう思って選んだ研磨剤なしの歯磨き粉を使い続けた結果がそれです。

では研磨剤なしの歯磨き粉を選ぶ時に注意しなければいけない事はなんだったのでしょうか!?

 

それは汚れを落とす成分が他に入っているのか!?ってことです。

 

研磨剤はとても強力な汚れ落とし効果を持つ成分。

その成分と同等、もしくはそれ以上の効果を持つ成分が入っていないと、歯は黄ばんできます。

 

スポンサードリンク




ポリリン酸ナトリウムを知っていますか?

 

kenmazai2

 

この成分は歯の表面についた汚れを浮かして落とす効果。

そして歯石が付き難い歯にする効果。

 

この2つの効果があることで知られています。

しかもこの成分、食用にも使われているので、体への安全性も高いのです。

 

もし私達が研磨剤なしの歯磨き粉を選ぶなら、ポリリン酸ナトリウムが入った歯磨き粉を選択肢の1つにしたいですね。

 

でもココで問題1つ。

それはポリリン酸ナトリウム入りの歯磨き粉は、スーパー、ドラッグストアの量販店では売っていないって事です。

 

理由は分からないのですが、私の自宅近くの量販店には、ポリリン酸naが入った歯磨き粉が全然ありませんでした。

 

その代わり、研磨剤入りの歯磨き粉はところ狭しと陳列棚で販売されていたんですけどね・・・。

 

やっぱりポチッ!とネットで購入するしかない。

 

私の場合ですが、すべてネット注文しています。

ちなみに私が使っている歯磨き粉の詳細はこちらのページでどうぞ。

 

聞きなれない成分ですが、個人的にポリリン酸入りの歯磨き粉を使ってみて感じることは、確かに汚れがよく落ちるってことです。

 

これは使った人にしか分かりませんが、研磨剤で歯の表面を傷つけて汚れを落とすより、100倍歯に優しく汚れを落としてくれます。

 

ぜひ研磨剤なしの歯磨き粉をお探しなら、選択肢の1つに入れてみてください。

 

余談ですけど、研磨剤の名前統一してくれませんかね!?

 

歯磨き粉を選ぶときに、成分をチェックする人って多いと思います。

私もその一人なんですが、メーカーによって研磨剤の成分名が全然違う。

 

100歩譲って、名前が違うのは良いとしましょう。

せめて、それが研磨剤だ!って分かるように成分表に書いて欲しいですね。

 

じゃないと消費者は混乱してしまいます。

研磨剤の成分名一覧をこちらの記事で書いています。ほんの一部です。

 

たぶんですが、研磨剤のイメージが悪い事もメーカー知っていると思うので、隠したいんでしょうね・・・。

 

今回の記事のまとめ

 

研磨剤には大切な役割がある。それが歯の汚れを落とすこと。

研磨剤なしなら、それに代わる成分が入っていないとダメ。