私も紅茶を良く飲むので、必ずといって良いほど茶渋が歯についていました。

 

ですが、ある方法を使うことでこの歯の黄ばみがウソのようになくなるのです。

その方法を今回はご紹介します。

 

紅茶の汚れは茶渋になる前に落とすのが鉄則!

 

a0002_005740

 

まず紅茶にはタンニンと呼ばれる成分が含まれています。

これが水分と結合すると、コップの内側につく茶渋になってしまうわけです。

 

ご存知の通り、歯に茶渋が付くと普通の歯磨きでは落とす事は難しい。

しかもこの茶渋、放っておくとドンドン歯に蓄積されて歯全体が黄ばんで見えてくるので厄介です。

 

では具体的にどうすれば良いか!?

 

スポンサードリンク




 

落とし方は簡単!その秘訣は水とガムにあり!

 

a0800_000418

 

まず歯の表面にタンニンが付着することが原因なわけです。

なので、私の場合は紅茶を飲む時、意識的にも良く飲むようにしています。

 

別に紅茶と水を同時に飲んでいるわけではありませんよ。

紅茶を飲み終わった後、水を一口、二口、飲むようにしているだけ。

 

1日のうちで、紅茶を何杯も飲むなら、それだけ水もたくさん飲むようにしています。

こうすると事で、歯の表面に茶渋の原因タンニンが付くのを防いでいるのです。

 

さらに私はガムも噛むようにしています。

紅茶を飲んでしばらくしていると、自分の口が臭いかも!?なんて思ったことありませんか。

 

実はその通りで、その口、臭っています!

なので口臭予防も兼ねてガムを噛むのですが、この時歯に表面についたタンニンもガムにつきます。

 

結果、歯の黄ばみの原因である茶渋が付かないようになっているのです。

どうです!?簡単に出来る事なのでぜひ試してみてください。

 

ちなみにガムはキシリトール入りの商品がおススメ。

虫歯予防にもなるので!

 

ちょっと待って!それでも紅茶の茶渋が歯に付くときはどうしたら良い!?

 

0I9A350615032140wakaranai_TP_V

 

茶渋って必ずと言っていいほど、歯の隙間、歯並びが悪い箇所に真っ先につきます。

なので、どうしても紅茶の着色汚れがつく場合がありますよね。

 

そんな時は、私は自宅でポリリン酸ナトリウム入りの歯磨き粉を使って茶渋を落としています。

というか、茶渋が付く前にこの歯磨き粉を使い続けているので、茶渋がついたことがない!

 

ポリリン酸naは、歯の汚れを浮かせる、除去する働きがあるだけでなく、歯周病の原因、歯石がつかない予防も兼ねています。

 

なので紅茶の茶渋で歯の黄ばむのが嫌なら、ぜひとも使って欲しい成分なわけです。

普通の量販店では売っていないので、ネットで探して注文してみてください。