私、重曹を使って歯が白くならないか試した事があります。

もともと、歯が黄色いので凄くコンプレックスなんですよね。

 

ですので、何とか手軽に安く歯が白くならないか、重曹を歯ブラシにつけて歯磨きをしてみました。

(もちろん、食用の重曹です。)

 

結論からいうと、大して汚れは落ちませんでしたし、当然歯も白くならなかったです。

私のやり方が悪かったのか、その程度なのかは分かりません。

 

いずれにしても、汚れはたいして落ちません。

なぜ重曹で歯の汚れが落ちないのか!?

 

 

a0027_000321

 

一口に重曹っていっても、用途がたくさんあります。

洗浄、脱臭、掃除、美容、食用など色々です。

 

正式名称は炭酸水素ナトリウムですが、ホワイトニング効果もあるのはあるようです。

それ以外にも、消臭効果があって口臭対策にも使われているみたいです。

 

ですが、もともと歯が黄色い私としては、とても歯が綺麗になった感じがしない。

なぜなら、重曹の成分にも研磨剤が含まれているのですが、一般的な歯磨き粉にも研磨剤が入っています。

 

つまり、普通の歯磨き粉で歯の汚れが落ちないのに、重曹使って歯磨きをしてもたいして変わらない。

 

なので、私が重曹で歯磨きをしてもたいして歯の汚れを落ちなかったわけです。

 

スポンサードリンク




 

ちょっと待って!歯の黄ばみが強くなってない!?

 

 

TAN_uwanensyuhikusugi_TP_V

 

重曹に限った話ではないのですが、研磨剤で歯を強くゴシゴシ磨くと歯のエナメル質がどうしても傷つきます。

 

傷つくとどんな事が起こるかというと、エナメル質が薄くなってくるんです。

 

結果、その下にある象牙質の黄色が強くでてくる感じになります。

 

まとめるとこんな感じです。

 

研磨剤で強く歯を磨く。

 

エナメル質が傷つく。

 

エナメル質が薄くなる。

 

象牙質の色が強く出る。

(*象牙質は黄色っぽい色です。)

 

重曹使うなら歯磨き粉を使わない方が良い

 

歯磨き粉には研磨剤が入っているモノが多いので、そういったモノは避けた方が歯の為です。

 

理由は前述した通り。

ですので、歯ブラシに何もつけずに歯磨きをするのが良いのは良いです。

 

ただし、どうしても歯の表面にステイン(着色、タバコのヤニ)等がついてきます。

これはどうしても仕方のない事。

 

ですので、歯の表面の汚れを落とす歯磨き粉は、不定期で使っても良いと思います。

実際私も使っていますし。

 

詳しくは市販の歯磨き粉でホワイトニングの効果はある?ない?で紹介。