歯のホワイトニングをする時、削って白くする!?なんて思っている人いませんよね。

 

いやいや、実は昔、私そんな考えを持っていました。

 

削っても歯の色は変わらないのです。

私、歯科クリニックでホワイトニングをする前、歯科医にこう質問しました。

 

OZP73_hagaitaidansei20130707_TP_V

 

「歯を削って白くするんですよね!?」

 

「痛いですよね。削る時。」

 

こんな、すっとんきょうな質問していた自分がいます。

そして歯科医から返ってきたセリフは。

 

「いやいや、そんな事はしません。」

つまり、歯のホワイトニングでは削るなんて事はしないのです。

 

じゃ、一体どんな事をして歯を白くするのか!?

 

スポンサードリンク




 

歯を白くするためには、漂白剤を使います。

 

漂白剤!

本当に!?って感じですが、洗濯用の洗剤とか食器用の洗剤とはまるで違います。

 

lab-217044_1280

 

 

それは過酸化水素、もしくは過酸化尿素と呼ばれる医薬品を使うのです。

これは歯のホワイトニングの場合、歯科医のみ使用できるもので、エステ、なんちゃってホワイトニング商品では一切使うことができません。

 

なので、歯を白くする為には歯科クリニックでホワイトニングをする必要があります。

ちなみに、ホワイトニングは歯科クリニックでするオフィスホワイトニングと自宅でするホームホワイトニングがあります。

 

どちらも歯を白くするのには違いはありません。

しかし、短時間で歯が白くなる。

 

少しずつ歯が白くなる。

その違いはありますが、歯を削ることなく歯を白くすることが可能です。

 

歯を削ってホワイトニングしましょう!なんて歯科医いたら、そいつはモグリです。

注意しましょうw

 

たぶんですが、そんな歯科クリニックは存在しないはずですが….。

 

ちなみにですが、歯の表面を削って色を白見せる方法があるのはあります。

ラミネートべニアと呼ばれる手法で、これも自由診療で歯1本あたり9万円~13万円前後位するようです。

 

私はこのサービスを受けた事がないので分かりませんが、もし歯科医が歯を削ってホワイトニングをしましょう!なんて言ってきたそれって、ラミネートべニアのこと!?って質問してみるのが良いかもしれませんよ。