セルフホワイトニングと呼ばれる、歯を白くする方法があります。

しかし、セルフ!?とありますよね。

 

このセルフホワイトニングとは一体何なのか?

一般的なホワイトニングとはどこが違うのか紹介していきます。

 

セルフホワイトニングってこんなサービス。

 

 

PASONA_7_TP_V

 

歯科医でなくてもサービスが提供できる。

本来の歯の色を変えることは出来ない。

一般的なホワイトニングより価格が安い。

セルフ(自分)でホワイトニングする。(お店でも可能)

ホワイトニング中、歯がしみる事がない。

歯科医がするホワイトニングは、過酸化水素(漂白剤)を使用します。

これは医薬品に指定されている薬品なので、歯科医が指導しない限り日本のお店では使えません。

 

(注)海外からのホワイトニング剤の個人輸入は自己責任なので除外。

 

しかし、セルフホワイトニングで使用するモノは医薬品じゃありません。

メタリン酸(メタリン酸ナトリウム)、ポリリン酸と呼ばれているモノを良く使います。

 

実はこれって食品添加物です。

こういったモノを歯に塗ってレーザーを照射しても、歯が持っている色まで変えられません。

 

歯の表面についた汚れは落とせるかもしれないので、白くなった!?と感じる事はあるかも。

ですので、セルフホワイトニングのサービスを提供しているのは、エステサロンが多いです。

 

スポンサードリンク




 

一般的なホワイトニング費用との違いは!?

 

 

sayapon20160312402117_TP_V

 

私は歯科医の指導のもとで、ホームホワイトニングをしました。

その費用が40.000円です。

 

歯科クリニックによって料金の差はありますが、ホームホワイトニングはこのあたりが相場。

 

ではセルフホワイトニングの相場はと言うと、1回3.000円~5.000円です。

費用は断然セルフホワイトニングが安い。

 

ただ歯を白くしたい!って真剣に悩んでいる人には、とてもおすすめ出ないのがこのセルフホワイトニング。

 

理由は前述したと通り。

セルフホワイトニングで使用するモノは食品添加物なので。

とても歯を白くできるとは思えません。

 

ちょっと待て!それでもセルフはこんな人におススメ。

歯の表面についた汚れを落としたい人。

自分で汚れを落とすの面倒くさいな~、エステでちょっと試してみたいな~、って人にはおススメ。

 

セルフホワイトニングで使うモノは漂白剤ではないので、歯がしみる原因にはなりません。

だから、歯がしみるのヤダ~、って人にもおススメ。

 

だけど効果はそれなり。