歯のホワイトニングには、2通りの方法があります。

 

 

body_ha_good

 

歯科医指導のもと、自宅でホワイトニングをするホームホワイトニング。

歯科医院でホワイトニングをする、オフィスホワイトニングの2通り。

 

それでは肝心のホワイトニングでは痛みがあるのか?しみるのか?のお話です。

個人差があるものの、ホワイトニングをする人の多くが、歯がしみたり、痛みを感じるようです。

 

ちなみに、僕はホームオフィスのホワイトニングをしたのですが、やっぱり歯がしみました。

 

痛みの感じは、まさに知覚過敏です。

 

なぜ歯がしみて、痛みを感じるの!?

 

ホワイトニングで使う薬剤は、過酸化水素水と呼ばれるもので、この薬は消毒や漂白作用があります。

 

これを歯に塗るわけですから、歯の表面のエナメル質が傷つき、そしてその下の象牙質まで、薬が浸透するわけです。

 

結果、知覚過敏が発生して、歯がしみる!ってなります。

 

実際僕がホームホワイトニングをした時も、歯がしみる!って感じがして嫌でした。

 

スポンサードリンク




歯がしみるのは、いつになれば治まる!?

 

OOK75_butaretakotonainoni20141221144036_TP_V

 

 

これは個人差があるので、何日ですよ、って言いにくいのですが、

僕の場合は、歯がしみるのでホワイトニングを中断したら3日もしたらしみる感じは治まりました。

 

この点は、あらかじめ歯科医から指導があります。

ホワイトニング中に歯がしみて痛い場合は、すぐに教えてくださいね、って。

 

なぜかというと、歯がしみるのに我慢してホワイトニングを続けていると、

最悪の場合、しみる歯の神経を全部取らないといけなくなります。

 

<<まとめ>>

ホワイトニングに使用する薬剤は、過酸化水素水を使用する。

その薬剤が、歯がしみる原因を作る。

歯がしみるのは、ホワイトニングを中断すれば3日程度で治まる。

無理すると、しみる歯の神経を全部取らなくてはいけない。

歯科医の指導にしたがうこと。