ネットの広告やテレビのCMで良く耳にする、歯が白くなる歯磨き粉。

これって、本当にホワイトニングの効果ってあるのか、無いのかって話です。

 

実は私、何度かホワイトニングを謳った歯磨き粉を購入した事ありますので、

その時の体験も交えてご紹介していきます。

市販の歯磨き粉とクリニックのホワイトニングはまるで別物。

 

YUKI150321020I9A4395_TP_V

 

 

歯科クリニックのホワイトニングと、一般的な歯磨き粉でのホワイトニングの違いはこんな感じになります。

 

◎歯科クリニックでのホワイトニング

医薬品(過酸化水素)を使ったホワイトニング。(医師の指導のもと使用可)

費用が40.000円~100.000円と高額な料金。

歯の内部の汚れを落とすのでホワイトニング効果高い。

 

◎市販の歯磨き粉のホワイトニング

歯磨き粉の成分に医薬品は使えない。

費用は1.000円~5.000円程度が相場。

歯の表面に着色した汚れを落とす。

 

効果は、歯科クリニックでするホワイトニングは本当のホワイトニング。(効果激高)

ネットやテレビでホワイトニングを謳っている商品は、イメージで商品を売っているだけ。(効果激低)

 

なので、本来の歯の白さをキープしたい人や、もともと歯が白い人はなんちゃってホワイトニングで

歯の白さを維持したりすれば良いと思う。

 

でも、本来の歯の色が私のように黄色い人は、市販のホワイトニングを謳った商品では、まず歯の色は白くならない。
スポンサードリンク




 

アパ○イトって歯磨き粉使って大失敗した経験。

 

 

SAYA072155409_TP_V

 

私の歯は黄ばんで汚れて見えるので、どうにかして白くならないかと、いつも思っていました。

そんな時、テレビCMでアパ○イトって歯磨き粉の存在を知ったんです。

 

年配の人なら知っていると思うけど、芸能人は〇が命ってやつ。

当時の私は、「これ使ったら、歯が白くなるんだ~♪商品パッケージにもホワイトニングって書いてあるし。」

 

なんて思って、歯磨き粉にしては高かったけど、即購入した毎日の歯磨きで使ってました。

 

結果、全然歯は白くなりませんでした。

今考えると、当然と言えば当然なんです。

 

なぜなら一般商品者が手軽に買えるホワイトイングの商品は、すべて医薬部外品です。

 

医薬部外品って多少は体に影響あるけど、緩い感じの効果だよってモノです。

医薬部外品<医薬品、こんな感じ。

 

だから私の歯の黄ばみは、全く綺麗にならなかったんです。

歯の表面の汚れは落としても、歯の内部の汚れは落とせないので。

 

ネットで見るホワイトニングを謳った商品も、ほぼほぼ医薬部外品のモノだから、効果は緩い感じです。

 

歯がもともと白い人は、市販のなんちゃってホワイトニングで十分。

もともと歯が白い人が本当に羨ましいです(笑)

 

わざわざ、歯科クリニックでホワイトニングをしなくても、市販のなんちゃってホワイトニングで

ある程度は白さを戻したり、維持出来たりするから。

 

別に市販のホワイトニング商品を買わなくても、歯科クリニックでPMTCをすれば、かなり歯の白さが増すはずですよね。

 

*私が書いたPMTCの記事はこちらです。

 

料金的にも1.000円~3.000円程度だし、半年に1度歯科クリニック通えば、歯の白さを維持できるはず。

もちろん、それが面倒な人は、なんちゃってホワイトニングでも十分かと思います。

 

ちなみに私の場合、なんちゃってホワイトニングで歯を白くするのは確実に無理!

もう一度歯科医指導のもとでホワイトニングするかなぁ~、て最近考えてます。

 

お金が掛かる歯を持つと大変(涙)