歯を白くするには、歯の黄ばみ具合で方法が異なります。

基本的に自宅で簡単に出来る方法と、どう頑張っても無理な歯の状態があります。

 

自宅で歯を白くする具体的な方法はコレ。

 

4364785

 

まずは、自宅で歯を白くできる人は、元々の歯が白い人です。

タバコのヤニ、コーヒーやキムチなどの着色汚れで黄ばんだ歯。

 

こういった歯を白くするのは自宅で出来ます。

まずは方法をご紹介!

 

重曹でうがいしてからの歯磨き。

 

スポンサードリンク




 

重曹と一口に言っても食用のものから工業用のものまで、本当に様々な重曹があります。

当然なんですが、歯を白くするために使う重曹は食用のものを使ってください。

 

当たり前なので理由は割愛。

 

それでこの食用の重曹をどう使うかと言うと、下記を参考にしてください。

 

1.コップに水150mlくらい入れて、食用重曹をほんの少し入れて混ぜる。(ティースプーンの半分の半分の半分くらい)

 

2.歯磨きをする前に、その水で口をよくすすぐ。(2回はすすぐ)

 

3.着色汚れがよく落ちる成分(ポリリン酸na)が入った歯磨き粉を使ってブラッシングする。

 

以上の3つを徹底してやってください。

歯の黄ばみがかなり落ちて、本来の白さが戻ってきます。

 

実際この方法、私の友人から教わって友人の歯はいつも白いです!

 

それではこの方法の解説をしていきます。

まず重曹は掃除などにも使われる便利アイテムですよね。

 

その重曹を水に溶かし、口をすすぐことで、歯の表面についた汚れを落としやすくします。

歯をこの状態にしてから、歯磨きを開始。

 

歯磨き粉は本来つけなくても良いのですが、歯がすでに黄ばんでいるなら、汚れがついているので、それを落とす必要があります。

 

なので汚れを良く落とす歯磨き粉を使用。

それがポリリン酸ナトリウム入りです。

 

この成分は歯の汚れを浮かして落とす効果、そして歯石を付き難くする効果があります。

ですからこの成分を使って汚れを落としていきましょう。

 

ちなみ、もしタバコのヤニを落とす目的なら、ポリエチレングリコール(別名マクロゴール)を使うのも良いです。

ヤニ落とし用の歯磨き粉には、ほぼこの成分が入っています。

 

ただし!タバコのヤニはかなり頑張らないと落ちないので、気長に頑張るしかないですよ。

 

話を戻して、今回紹介したなら自宅で簡単に歯を白くする事ができますが、あくまでも元々の歯が白い人限定の方法です。

 

ホワイトニングは歯を漂白して色を白く変化させます。

 

2376ab3790e025000f2b48f577ca8dd5

 

じゃ、私歯が元々黄色っぽいんだけど!って人は、残念ですがこの方法では白くなりません。

なぜなら、本来の歯の色を変える事は自宅では難しいです。

 

出来なくはありません。

でもリスクがかなり高いのでおススメできないのです。

 

まず元々の歯が黄ばんでいる人は、ホワイトニングを使うことで歯の色を白く変化させることができます。

 

ホームホワイトニング、オフィスホワイトニングと呼ばれる方法です。

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか!?

 

時間、労力、お金が掛かるので面倒に感じるかもしれませんが、確実に白くしたならこの方法がベターかと。

 

ただホワイトニングの注意点は、その効果は個人差があってすべての人に同じ効果が出るとは言えません。

なので、この点は歯医者で相談するしかないですね。