オフィスホワイトニングは歯がしみる。

そんな話を聞いて不安になっている人が多いと思います。

 

今回はオフィスホワイトニングの歯がしみる感じを紹介。

 

なぜ歯がしみるのか?

オフィスホワイトニングで使うジェルの主成分は、過酸化水素と過酸化尿素です。

 

どちらも医薬品に指定されている成分で、歯科医指導のもと使うのが許可されているモノ。

実はこの2つの成分こそ歯がしみる原因を作っています。

 

過酸化水素(オフィスのジェルの主成分)

過酸化尿素(ホームのジェルの主成分)

 

 

01_21kozo_02

 

どちらの成分も歯を白くする漂白効果があり、この成分が歯につくと歯の表面の膜をはがし

刺激が歯の内部に伝わり易くなってしまいます。

 

ペリクルって歯の表面の膜がはがれる。

エナメル質の細い隙間から漂白成分が象牙質へ。

痛っ!しみる!

 

だからホワイトニングをすると、歯がしみる!って感じになります。

 

<<他にも歯がしみる原因はある!>>

歯の表面に亀裂がある。

虫歯がある。

もともとその歯が知覚過敏。

 

こんな原因もあるので、歯がしみる時はやっぱり歯科医に相談するのがベスト!
スポンサードリンク




 

えっ!?歯の表面の膜がはがれても大丈夫!?

 

 

PAK86_nayamasiitn20141221140037_TP_V

 

前述通り、歯の表面にペリクルって膜があります。

ホワイトニングでは、この膜を一時的に溶かしてしまいます。

 

一時的にね。

 

ホワイトニングを中止すると、この膜は修復されてくるので知覚過敏に似たしみる感じは無くなります。

 

だから特別怖がる必要はないですよ。

実際私もホワイトニングをした時、歯がしみるって感じが出ました。

 

で、どうしたかと言うと、そのまま放置してホワイトニングを続けとにかく歯を白くする事を優先。

 

本当はしみる感じが出たら、歯科医に相談しないとダメだったんですけどね。

 

まぁそれはそれとして、ホワイトニングを中断すると、しみる感じは嘘のように消えてなくなりました。

 

なので、ホワイトニングの歯がしみる感じは、そこまで不安がる必要は無いと個人的には思っています。

 

虫歯はホワイトニングする前に治療しないとダメ。絶対。

 

 

mushiba_boy

 

なぜホワイトニングをする前に虫歯を治療した方が良いかというと、歯がしみるとかそういった理由じゃありません。

 

単純に虫歯の状態が酷くなるからです。

虫歯は一度なると自然治癒はないです。

 

一般的な風邪なら、病院へ行かず薬も飲まず気合いで治すことは可能ですよね。

しかし虫歯は無理。

 

気合いで虫歯は治りません。

しかもドンドン状態は悪くなる一方。

 

なのでホワイトニング前に虫歯の治療はした方が良いのです。

当然虫歯があると、ホワイトニングのジェルが浸透してしみて痛いっ!って感じになります。