ようこそ、歯の色に悩む同志よ。

私は昔から歯が黄ばんでいて、本当にコンプレックスが強かった。

 

初めて私が自分の歯が黄色だと言われたのが中学生の頃でした。

同級生から、「○○の歯って黄色いね。」って何気なく、さりげなく、悪気無く言われて心底傷ついたのを今でも覚えています。

 

たぶんですが、言った本人は当然ですがもう忘れていることでしょう。

 

何度も何度も歯磨きをする日々・・・。

 

当時の私はまだ中学生。

今のようにインターネットがあった時代ではなかった。

 

だから自分1人で悩むしかなかったのです。

毎日毎日、丹念に綺麗に歯磨きをするが、私の期待をことごとく裏切り歯の色は黄色いままでした。

 

それからというのも、人前で笑うのに抵抗が出てきた。

だって歯が黄色いから。

 

しかも私の場合、下の前歯の歯並びも悪いから余計笑うのに抵抗が出てきました。

 

私の歯をチラッと見られ傷つく。

 

歯の色、並びにコンプレックスがある人なら分かると思うけど、人の視線って正直ですよね。

 

一瞬だけ相手の歯を見てる。

チラッと。

 

これって結構傷つく。

たぶん、違和感があるんでしょうね。

 

色や並びに。

だからチラッと見て、「うわっ」て思ってるのかもしれない。

 

そう思うとメンタル的に結構へこみます。

当時は思春期真っ只中だったので、余計傷ついていました。

 

はじめまして、私です。ホームホワイトニングしました。

ココまで読んでくれてありがとう。

簡単な自己紹介をさせてください。

 

私は既婚の男性です。

女性と勘違いしている人がいるかもしれませんが男ですw

 

既に30代になっていますが、未だに自分の歯の色にコンプレックスを持っています。

子供も一人いて、昔から子供の歯並びだけは綺麗にしてやろう、それは親の責任。

 

そんな考えて持つようになっています。

 

さてそんな私ですが、一度ホームホワイトニングを経験しています。

 

しかしながら結果は、自分が想像しているよりも歯は白くなりませんでした。

 

時間と労力をお金を使った割には、あまり白くなっていない歯を見て妻はこう言いました。

「黄色いね。白くなってないじゃん。」

 

この一言も結構傷つきました。

ホームホワイトニングの場合、1~2カ月位ホワイトイングをし続けるので、結構手間がかかります。

 

大変なんです。ホームホワイトニングも。

にも拘わらず、歯の色が白くなってないって、どういう事!

 

やっぱり私の歯は黄色い運命なのだろうか。

しかしまだまだ諦められない。白い歯になることに。

このブログであなたに伝えたいこと。

 

出来るだけ正確なホワイトニングの情報を伝えること。

自分の体験が誰かの役に立つように情報を配信すること。

 

以上です。

私のように歯にコンプレックスがある人の役に立てるように、分かり易く出来るだけ正確にお伝えします。