今はインターネットが普通にある時代なので、世界から商品を取り寄せる人は少なくないはず。

 

uniairlinedsc00139_tp_v

 

実は私もアメリカから商品を購入した経験があります。

拍子抜けするほど簡単に注文できて、注文した商品がちゃんと届いちゃいます。

 

そんなインターネット全盛期の時代に、ホワイトニングのジェル(薬剤)を個人輸入したい!

そう考える人、少なくないですよ。

 

個人輸入するなら代行業者が便利だけど。

海外のホワイトニング関連って魅力的なモノが多いです。

ジェルも濃度の数値が高いものが多いし、お値段も安いし。

 

だから何とか海外の商品を購入したいですよね!

しかし、そこで立ちはだかるのが言語の問題。つまり英語。

 

商品ページも英語だから何て書いてあるのか分からない、でも商品は欲しい。

そんな時は、輸入代行業者にお願いすると便利。

 

読んで字のごとく、海外の商品をあなたに代わって購入してくれて、あなたの自宅に送ってくれるサービスです。

このサービスを使うと、簡単に海外のホワイトニングキット、ジェルを手に入れる事ができます!

 

スポンサードリンク




 

ちょっと待って!海外通販ならではの危険があるのも知っておいて。

 

ppg_tachiirikinshi_tp_v

 

あなたも知っての通り、日本ではホワイトニングのジェルは医薬品なので、医者しか取り扱うことができません。

 

どれだけ、追加のジェルが欲しくても、歯科医院に通わないと手に入れることが不可能。

しかし個人輸入だと、海外のホワイトニングセットが手に入ります。

 

ココに注意点、危険が隠されていることがあるので気を付けましょう。

 

 

・その商品が本物とは限らない。偽物だってある。

・購入した商品はすべて自己責任で使わないといけない。

・怪しい海外通販サイトなら安心して購入できない。(個人情報、クレジットカード情報など)

 

 

なぜ個人輸入ならホワイトニングジェルが手に入るの?

答えは簡単です。

全て自己責任だから。

 

だから国も見てみぬふり状態なのです。

個人の範囲で使用するなら全く問題ないのが個人輸入のメリットでもあります。

 

しかし注意点として、海外から購入したホワイトニングキットを、第三者に譲渡したり販売するは禁止です。

ココは気を付けておきましょうね。

 

あと当然ですけど、海外輸入なので税関で商品がストップする、なんてこともあります。

さらに購入した金額によっては、関税がかかる場合だってあるのです。

 

この点もしっかり理解しておく必要があります。

 

個人輸入のまとめ

ただし、他の人に譲渡したり販売するのは禁止。

海外だけに本物に似せた偽物だってある。(成分など)

万が一の時、すべての責任は使用者個人にある。

税関でストップ、関税を支払わないいけない場合もある。

個人情報をしっかり守ってくれる代行業者じゃないと危険。

 

ざっとこんな感じです。

インターネットが便利になっただけに、危険だって身近になりました。

 

海外のホワイトニングキット、ジェルで実際に歯をより白くした人だっていますので、あくまでも自己責任なのでこの意味がしっかり分からない人は、海外通販は危険なのでやめておきましょう。