歯が重なる部分に、すぐに茶渋がついたり、着色汚れがついて

困っている人がいると思います。

 

歯並びが悪い人の為に、汚れを落とすグッズや方法を紹介しています。

 

歯の消しゴムを使って汚れを落とす

 

歯の消しゴムってご存知でしょうか?

これを使って、歯並びが悪い部分の汚れを落とします。

 

この消しゴムの素材に、メラミンフォームと呼ばれるものが使われています。

この素材のお陰で、着色汚れや茶渋が落ちてくれるわけです。

 

オススメの歯の消しゴムはコレ。

 

ポリリンキューブという歯の消しゴムです。

素材に、歯専用のメラミンフォームを使っています。

 

 

アマゾンでポリリンキューブの詳細を知りたい人はココをクリック。

 

さらに分割ポリリン酸を配合しているので、汚れを落としながら、

歯の表面をコーティングする働きがあります。

 

でも、市販のメラミンスポンジと一体何が違うのか?

これって気になりません?

 

激落ち君と歯の消しゴムの違いは何?

 

正直に言うと、分かりません(笑)

 

ただ、市販で売られている、激落ちくんのようなメラミンスポンジの用途は、

生活汚れを落とす為に作られています。

 

なので、研磨力が凄く強いのではないかと考えています。

 

逆に、ポリリンキューブのような歯の消しゴムは、歯の茶渋や色素沈着を

落とす目的で作れています。

 

つまり、用途が違うので、研磨力も違います。

なので、歯に掛かる負担も全然違うのです。

 

ですから、激落ち君で汚れを落とすなら、絶対に歯の消しゴムを使った方が

歯への負担は少ないはずです。

 

擦ることで歯が傷つくのは仕方ない!?

 

歯の表面に付いた汚れを落とす為に、ポリリンキューブのような

歯の消しゴムを使えば、当然、歯の表面に傷はつきます。

 

 

その程度が大きいか、小さいかの違いです。

 

歯のエナメル質に傷がつけば、またそこに汚れが付着して

汚い感じになってしまいます。

 

ですが、歯並びが悪い人は、その部分にすぐに汚れが付くので、

ある程度のリスクを知った上で、茶渋などの汚れを落とすのはアリかと思います。

 

歯の白さを優先したいなら、歯の消しゴムを使う!

 

さっきも伝えた通り、市販のメラミンスポンジでも、歯の消しゴムでも

汚れを落とすのに、歯の表面を傷つけています。

 

ですが、茶渋やタバコのヤニ、着色汚れが付いた歯は汚いです。

 

歯が汚いとその人の印象も悪くなります。

 

 

なので、鏡を見る度に、歯並びが悪い部分の汚れが気になる人は、

ぜひポリリンキューブ使ってみてください。

 

値段も約500円で安いのでお手頃価格だと思います。

ぜひお試しください。

 

ポリリンキューブを実際に試して効果を体験。

 

まずこれがポリリンキューブを試す前の状態。

歯並びが悪い部分に茶渋や着色汚れがついています。

 

 

これがポリリンキューブを使った後の状態。

 

 

歯の重なり部分の茶渋が、ほとんど落とせました。

 

このポリリンキューブの良い点は、スポンジ状なので、歯の重なりの奥まで

スポンジが入って、汚れを落としてくれるところです。

 

茶渋が気になる人は、ぜひお試しください。

アマゾンでポリリンキューブの詳細を知りたい人はこちらです。