一見、ポリリン酸ナトリウムと似ているようで、実は違う分割ポリリン酸。

 

そんなポリリン酸について解説。

 

ポリリン酸って一体なに!?効果ってどんな感じ?

 

polilin1

 

ポリリン酸にも色々と効果がありますが、今回は歯に与える影響をご紹介。

まず分割ポリリン酸って一体何なの?ってこと。

 

分割ポリリン酸の効果は、歯の汚れを浮かして落とす。

そして歯周病の原因になる歯石を付き難くする。

 

こういった効果があるようですね。

 

問題はポリリン酸の歯の色を変えるホワイトニング効果は、期待できないってこと。

これ、私がポリリン酸の歯磨き粉使っているので分かるのですが、この成分で歯の色を変えて白くすることは不可能です。

 

なぜなら、歯の表面でポリリン酸の成分がどれだけ汚れを落としても、歯の内側の汚れを落とす事は不可能ですよね。

 

なので、分割ポリリン酸も含めて、歯の色自体を変えることは不可能なんです。

ですからポリリン酸が配合された歯磨き粉を選んでも、それがホワイニング効果があり!とは言えません。

 

えっ!?じゃ分割ポリリン酸って効果ないの!?

 

ホワイトニングって言葉が歯磨き粉に使われるからややこしい。

なんだから歯が白くなりそうで、その歯磨き粉を使ってみてものの、全然歯が白くならない!

 

そんな経験、私だけじゃないはです。

ポリリン酸に限らず、歯磨き粉自体に歯の色を変える効果はないです。

 

ですが、ホワイトニング効果を謳った歯磨き粉を使うことで、茶渋、タバコのヤニなどの汚れを落とすことができます。

 

つまり、歯の表面の汚れが落ちた!=ホワイトニングだろ?って事が勘違いを生む原因だと思う。

 

あくまでも歯磨き粉は、歯の汚れを落とす事が目的。

歯医者でするホワイトニングは、歯の色を変えて白くする事が目的。

 

これだけの違いがあります。

 

なので、分割ポリリン酸だろうが、ポリリン酸ナトリウムだろうが、100%歯の色を変える力はない。

 

分割ポリリン酸と普通のポリリン酸の違いは何なの!?

 

polilin2

 

ポリリン酸は鎖状に繋がっている成分で、その長さが違うことで効果が色々とあります。

そして、歯の汚れを良く落とす為には、その鎖状につながったリン酸の長さが調度良くないとダメみたいです。

 

 

その調度よい長さを生成して開発したのが分割ポリリン酸。

 

歯の表面についた汚れを落とすのに特化させ、歯石を付き難くした成分です。

 

実際に私は分割ポリリン酸入り歯磨き粉使っていますが、市販されている歯磨き粉より100倍良いです。

 

だって余分な成分が入っていないので、歯に負担を掛けずに済みます。

 

私が使っている歯磨き粉、ポリリンジェルexの詳細はこちらです。